『2月上旬住まい相談会』が始まりました!

2月5日()、新年度入居向け『2月上旬住まい相談会』が東京大学駒場キャンパスにて開催されました!
初日は対面・オンライン含め約40組の方に参加いただきました。

新入生・保護者の皆様が思う住まいに関する様々な疑問を、気軽に不動産業者や現役の東大生に聞くことができる貴重な機会となっています。
実際に参加された保護者の皆様は、一人暮らしに関する不安を話していたり、遠方からお越しになった方は東京の土地勘や相場について聞かれており、不安を解消されている様子が伺えました。

マンション・アパートや学生会館など様々な物件を扱う業者が参加しています

『住まい相談会』とは?

そう思われた方もいると思いますので、
2月5日に開催された住まい相談会の様子とともに、全体の流れについてご説明いたします!

①業者パネルを見る(対面のみ)

たくさんの物件が掲載されています!

業者ブースごとに物件情報を掲載するパネルを設置しています。
今回は10業者が参加、合計で300物件ほど掲載されています。

こちらのパネルには、家賃、大学までの距離、駅までの距離、間取りや初期費用等の情報が記載されています。
様々な種類の物件情報がありますので、ご自身が考える良い物件を探してみてください!
東京の相場がわからないという遠方から参加された方も、このパネルを見て相場の把握をされておりました。

相談会に来られたら、まずはこのパネルを見て、気になる物件や相談されたい不動産業者をお探しください。

②業者のブースで住まい相談を行う(対面・オンライン)

皆様のご希望に沿った物件を提案いたします

業者パネルを見て少しでも気になる物件があれば、その業者に直接お話を聞くことができます。
お時間の許す限り、何社でもお回りください。
様々な不動産業者に一度に相談ができるのも『住まい相談会』ならではです。

住まい探しや東大の生活に関すること、何を聞いても大丈夫です。
初めての一人暮らしで持っている不安を全部お伝えください。
東大生の住まい探しに実績のある不動産業者がそろっていますので、相談しながら条件に沿った物件を探すことができます。
「何もわからないけど大丈夫かな…」と不安に思わず、一度住まい相談会に来てみてはいかがでしょうか。

③内見に行く(対面のみ)

ご相談の中で気になる物件があれば、そこから内見・現地下見に行くことも可能です。

実際に現地の周辺環境や物件を見ると、資料やご相談の時とは印象が変わることもあります。

内見の時に見るポイントも業者が教えてくれます。
せっかく東大付近に来たので、大学周辺の様子を見たり、ご自身で気づいていなかった生活イメージを沸かせるためにも、ぜひ1件は内見をお勧めしております。

④契約・合格前予約をする

相談や内見をしてお部屋が決まったら、入居の申し込み・合格前予約(※)をすることができます。
(合格前予約はできる物件できない物件がありますので、詳しくは各業者にお問い合わせください。)

※合格前予約とは、基本的に合格発表日まで無料で一室のみ物件を取り置きするというサービスです。合格後の変更・キャンセルはできません。

無事にお部屋が決まると、住まいについてのご心配をすることなく入試本番・合格発表を迎えることができます。

以上が住まい相談会の流れとなっております。
まだ2月だから大丈夫だと思っている皆様、人気物件は合格前予約や申し込みでどんどん埋まってしまいます。
ぜひ一度住まい相談会に足を運んでみてください。

『2月上旬住まい相談会』はこれからもまだまだ開催いたします!
ぜひご参加ください!!

東京に行くことができない。
そんな皆様にもオンラインでの住まい相談会をご用意しております。